芋蔓式

徒然に駄々漏れ

「とりつくしま(東直子)」

とりつくしま (単行本)

とりつくしま (単行本)

半年くらい前に読了。

Twitterで話題になっていて気になったので購入。短編集だから読みやすい。出版は少し前だったらしい。

人の生死が関わってくる話は(というか人の生死が関わらない小説の方が少ないけど)一言では感想を言い表せないよね。

小説のようだったらいいなあと思うけど現実はそうじゃないし、時々現実の方に驚かされることもありますが。

私だったら何に取り付くかなあ。

としばらく考えてみたけど答えは出ませんでした!