読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋蔓式

徒然に駄々漏れ

映画「セッション」

映画

映画「セッション」
https://g.co/kgs/NmafC8

プロになることと、狂的に一つのことに集中するのはちょっと違う。最近観た中でなかなかの狂的映画。賛否両論だけど、映画はフィクションなんだから細かいこと言わないの!楽しけりゃいいのだ。

子供の頃からピアノがメインだったけど、小学校では鼓笛隊の小太鼓に目覚め、高校のブラバンでは打楽器担当でドラムに目覚め、ついこの前まで坊とドラムを習いに行っていたことを思い返すと、坊は私の打楽器遺伝子を引き継いだのかもしれない。なんつって。

ドラムは難しい。アドリブができない。クラシックやってきたから、だからジャズピアノも弾けるようになれない。

でもなんだろう、狂的映画を観ると、そうだよなそういうことだよなって納得できる。圧倒的な練習量。つまるところ、才能とかセンスなんて、圧倒的な練習量のことでしかないんだよ。

その圧倒的な練習量をやるだけの熱意、執着があるかどうか。なければそれは違うってだけ。

時間を忘れるほど夢中になれるもの。
それっきゃない!

ジャズピアノとジャズドラムが出来るようになりたいなあ。