読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋蔓式

徒然に駄々漏れ

弁当作りって生活にかなり影響あるよね

家事

弁当考察。

4月から坊もお弁当。今は娘とダンナの弁当を冷食駆使してなんとかかんとかやり過ごしている。

そもそも弁当作りは苦手なんだよ〜。肉とかちょっとしか使わないの取り分けるの面倒臭いし、残った分では夕飯に使うには足りなくなるし。野菜もしかり。その面倒くささに比べたら、罪悪感を持ちながら冷食を使い続けるほうがマシ。

献立考えるのなんか夜ご飯だけでヒーヒー言ってるのに…。

弁当箱は洗うのが面倒臭いししかも数増えたらほんとイヤ。

しかしながらやらなければいけない3人分の弁当作り…

むむぅ…

むがぁ…

むがあああああああ!

おお!
楽するためなら苦労を厭わないズボラ計算スキルが発動した!

(説明しよう。ズボラ計算スキルとはいかに作業を合理的かつ楽にこなすかを計算しズボラを自分自身に推奨していくスキルである。だがしかし一周回って逆に手間が増えてしまうという可能性も否めない諸刃の剣である)

まず弁当箱!

今は娘とダンナそれぞれに二段弁当箱を使っている。ネックはパーツの多さ。娘のに至っては使っているかどうかもわからないスプーンフォークハシを毎日洗う羽目になっている。パーツ多すぎ!

さて、追加される坊の弁当箱だがこれがまた厄介である。

今ある坊の弁当箱は通称(我が家では)土方弁当と言われるタイプ。ご飯入れと保温用の外側の入れ物、おかず入れはふたつ。弁当袋ではなくこれはもう弁当専用バッグ。土方弁当、どう見ても容量は2人分である。そしてパーツが多いねん!!

弁当箱は3個なのに作る分量は4人分…そして積み重なっていく洗い物…理不尽すぎる…。

んんんんんんん!

よし!ここが割り切りどころじゃ!4人分作るなら私の分も入れて純粋に家族4人分、弁当は4個作る!4人分作る労力と、私の昼の自由時間を確保できるというところで折半!

弁当箱は全員ダンナと同じハシ一体型に統一しよう。それならいっそのこと4人とも同じ弁当箱にすればいっか!パッキン外して洗う手間は省きたいからパッキンも一体型のにしよう!

いいぞいいぞ〜。

 

「足りないですね」

ダンナの弁当箱を坊に見せたところ0.005秒でこう返される。

あゝもーーーー!

致し方ない!坊の満たされない腹はコンビニでおにぎりや菓子パンで補って頂こう!いや!だったら余計におにぎり作って持たせればいいのか!ご飯は融通効くからね!

坊の食べる量に合わせていたら家族全員メタボまっしぐらだから、お昼ガッツリにする分、夜ご飯を軽くしよう!

次!献立!
もう曜日固定でいいや!

ハイ次!洗い物!
自分の使ったものは自分で洗え!

ハイ解決!

朝からガッツリ一食分作ることになるけど、その分、昼と夜は楽することにしよう!

さて弁当箱を探しにいくか〜…はあ。

朝は更に繰り上がって5時起きかなあ。目は覚めてるからいいんだけどね、早起きすると一日が長くて疲れるんだよねえ…夜は早く寝よう。睡眠大事!!

 f:id:tamao2828x:20170217162835j:image