読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

芋蔓式

徒然に駄々漏れ

息子の剣道再開とその理由

そういえば、剣道を引退したはずの坊がなぜ剣道をしているかというと…。

遡ること入試前。

坊が何かをやらかし私の逆鱗に触れ、太鼓を辞めさせられそうになった挙句、都立推薦も受けさせてもらえなくなりそうになり。

そんなんなら太鼓なんかやめちまえ!
推薦なんか受けないでしっかり勉強して一般で受けろ!

逆鱗by私。

結果的に述べ数時間の説教を受け、推薦で合格してしまった場合は剣道三段を取ることを条件に入学を許可&太鼓継続、という経緯があり、合格したので約束通り稽古再開、と。

和太鼓と剣道、両立してもらいやしょう?

何をやらかしたかというと、細かいことは忘れたけど、周りの人間をコケにし、勉強もしなかった、どうせそんなところである。いっつもいっつも同じことで叱られる。

お前一人で太鼓を叩けているわけじゃない。太鼓で食っていきたいなら、たくさんの人に支えられ応援していただいてるということを忘れてはならんのである。

自分のやりたい事を自由にやるということは、同じだけの責任が付いて回るということをいい加減覚えろ!

言ってもわからないなら、たとえトラウマになろうとも体に叩き込むだけである。

それが私流子育て。

ま、そんな私、面を叩き込まれてますけどね。

 

f:id:tamao2828x:20170216000223j:image